睡眠の質とは?

動くこと・食べること。
・・・これが、ダイエットをする際の大きなポイントであるという認識は一般的です。
実際にダイエットをしている方はこのような部分に注目しているという場合も多いかと思います。
もちろん、減量という事を考えるとこうした部分は大切な要素ともなるのですが実は「睡眠」というものも同じくらいに大切になってくるのです。
では、睡眠と痩せる身体について触れていきましょう。
体内リズムを作る・代謝を安定させる・ホルモンの生成を促すという意味に置いて睡眠はとても重要になります。
ですから「痩せやすい身体を作る」という事に置いては重要なことなのです。
またストレス解消効果などもありますから、ストレス太りなどを予防することもできるでしょう。
不摂生な生活・夜更かしをするとどうしても間食をしてしまいがち。
夜中まで起きていると何か口に入れたくなるなんていう体験をした方も多いでしょう。
無駄な飲食を避けるためにも早めに就寝をするという事は有効的な手段なのです。
時間帯についてですが、ホルモンの生成が活発になるのは22時から2時までと言われています。
出来ればこの時間帯に横になり熟睡していることをオススメします。
熟睡とは「2時間以上連続睡眠ができる状態」を言います。
部屋の環境や照明またはアロマなどを取り入れて心地よい眠りを作ると良いでしょう。
それが質の良い睡眠につながり、痩せやすい体質を作ることにもなるのです。
また睡眠前に水分を取るとむくんでしまう・太ってしまう。
そのようなことから夜は水分を摂取しないという方もいますがそれは間違い。
もちろん、大量に飲むということは良くありませんが、例えば就寝前にコップ一杯の水を飲むのは効果的なんです。
このとき常温のものを飲むのがオススメです。
このように、眠るという行為もまた減量と大きく関係していることですのでトータル的な生活を考えて進めてていくと健康的に美しく痩せることができるでしょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP